ばくしょ!

サダ子さんちの本棚には昔の本が色々残ってます。主に、日本文学。image

箱入りの書籍は、薄紙で包んであって、開いてみると経年のなんとも言えない〜埃と黴のハーモニー?ハックション、ハックショ、バクショ!曝書!

ということで、

image

 

秋晴れの日に虫干し。

曝書は、夏の季語だそうです。

そして、古い本を一つずつ箱から出してページをパラパラとめくっていたら、形が歪な本があり、、、開いて見ると、中のページがくり抜いてあり、そこには旧札でン万円の札束が!!

なーんていう妄想をしながら、虫干しを楽しんだのでした。


Users who have LIKED this post:

  • avatar

ばくしょ! への2件のコメント

  1. チャコとノラ

    曝書って言葉はじめて知りました。明日、サダ子ハウス訪問予定です。よろしく。

    返信

  2. yoshiko

    曝書は口語的にはそんな使われてないぽいです。俳句には、
    曝書中 何たらかんたら 五七五 とか
    五七五 うんじゃらもんじゃら 曝書かな
    みたいなのが、見受けられます。
    サダ子さんとこの俳句の本見てみてね!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL