あたためモード

電子レンジの話ではありませんよ。

チーン。

烏骨鶏のケイコデラックスが、あたためモードに入りました!!最近、いくつか卵を産んでる様子だったのですが、全然小屋の外に出てこなくなってたので、ちょっと小屋を覗くと。。。卵の上に座ってじーっとあたためてます。

旧暦の七十二侯の中に

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

という言葉があります。二十四節気でいう大寒の中の1番最後の侯で、立春の前までの期間です。ちょうど今時分。

よく解説などには、鶏始乳とは、にわとりが卵を産み始めるということが書いてありますが、、、異議あり!!!

個人的には、とやにつくっていうのは、卵をあっため始めるって事を言ってたのではないかな?と、思ってます。

理由1.鳥屋の中に就く?着く?どっちにしてもずーっと鳥屋の中に張り付きなイメージだし、卵を産むだけの時はそんな長時間鶏小屋の中にいない。

理由2.鶏始乳という漢字に注目すると、乳をあげ始めるって雰囲気。でも鳥はお乳をあげない。鳥にとって産んだ卵が、赤ちゃんなのだと考えたら、あっため=おっぱいってか感じなのかも。ヒヨコまで成長すると、1人でウロチョロするし、赤ちゃんていうよりは幼児っぽいもんね。

理由3.大寒の終わりがけに、卵を産み始めるという事だとすると、先日話題にした寒卵という季語の概念とずれが生じる。

とまあ、こんな理由で、にわとりはじめてとやにつくっていうのは、この季節になると、にわとり達があっためモードになるよ!って事じゃないのかなって思ってます。

2月の後半には卵が孵ってヒヨコが出てくるかも???たくさん生まれすぎたら烏骨鶏の里親さん、募集するかもです。

興味あるかたは、今すぐ鶏小屋作りに取り掛かって下さい!


Users who have LIKED this post:

  • avatar

あたためモード への1件のコメント

  1. ゆっきー

    なるほどー!!いつもながら、鋭い考察力!!
    説得力あります!!(≧▽≦)
    ひよこちゃんかわいいねー(*^▽^*)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL